彦根市金沢町の耳鼻咽喉科【しらいし耳鼻咽喉科】

〒521-1112
滋賀県彦根市金沢町586-4

MENU

キッズコーナーとバリアフリーを備えた快適な待合室
お子様からご年配の方まで納得する治療を考えます

しらいし耳鼻咽喉科の待合室

発熱などの症状がある方は、
受診前にお電話
ご連絡ください
院内ではマスク着用をお願いします

お知らせ

インフルエンザワクチンが再入荷しましたので、12月3日(金)9:00~ 追加の予約を行います。

入荷数には限りがありますので、定数に達しましたら予約終了とさせていただきます。ご了承ください。

接種希望の方は、直接来院の上、ご予約ください。 電話での予約はできませんのでご注意ください。

例年通り当院に受診歴のある方に限定します。予約の際は、診察券をご持参ください。

予約開始は、10月18日(月)から、接種開始は、11月1日(月)から行います。

・1回目4,000円 2回目2900円

予約の電話が集中し通常業務に支障が出ることが予想されるため、今回は電話による予約受付を中止します。

直接来院による受付のみとします。(初日の10月18日は、予約用に午前7時30分から医院を開けます。)

例年通り、当院に受診歴のある方に限定します。予約の際は、診察券をご持参ください。

1歳から予約可能ですが、3歳未満までのお子様についてはアレルギーなど基礎疾患がないこと、または過去に           接種歴があり安全が判明している方に限ります。

注:新型コロナワクチンと同時期に接種する場合は、2週間の間隔をあける必要があります。

しらいし耳鼻咽喉科の5つの特徴

  1. 親子で遊べるキッズルームあり、お子様連れでも気兼ねなくお待ちいただけます。
  2. 車いすや足腰の悪い方にもやさしい、段差のないバリアフリーです。
  3. 簡単操作で受付完了。インターネットの順番予約で診察までの時間を短縮。
  4. 余計な検査や負担をかけずに、薬や受診回数を少なく抑えるよう努力します。
  5. 専門用語を使わず、丁寧で分かりやすい説明で納得してもらえるよう心がけます。

医師・スタッフ紹介

院長 白石 浩

令和2年10月をもって、当院は開院15年目を迎えます。私をしっかりとサポートしてくださるスタッフの皆様、そして待ち時間が長くなっても理解してくださっている多くの患者様、ありがとうございます。これからも開院当初の気持ちを忘れずに、地域医療の貢献に尽くします。
当院は看板広告や宣伝になるような広告は一切出さないのですが、一度当院を受診していただけたなら、また次も来たいと思っていただけるような医院を目指します。

医師・スタッフ紹介

医院案内

しらいし耳鼻咽喉科

〒521-1112
滋賀県彦根市金沢町586-4

TEL.0749-43-6500
FAX.0749-43-6545

 
09:00~12:00 × ×
15:00~18:00 × × × ×

休診:木曜午後、土曜午後、日曜、祝日
△・・・第2、第4木曜は休診

医院案内を見る

交通案内

〒521-1112 滋賀県彦根市金沢町586-4

最寄駅 JR東海道本線「稲枝駅」より北方向へ徒歩13分
駐車場 あり(22台)
交通案内を見る

こだわり

医師・スタッフともに、患者様にとって何が必要か、考えながら対応してまいります。

お子様からご年配の方々まで、患者様が来院しやすい雰囲気作りを工夫しています。患者様の負担を少なくするため、薬・受診・検査の回数をできるだけ抑えるようにしています。

こだわりを見る

よくある質問

子供の風邪症状は小児科と耳鼻咽喉科のどちらがいいのでしょうか?

耳鼻咽喉科の特徴は鼻水を吸い出したり、ネブライザーをしたりと、実際に「処置」という形で症状を直接緩和させようとします。それが小児科との大きな違いです。また、お子様の訴えがなくても、中耳炎になっている場合が多々あります。一般的な風邪症状であり、鼻水がドロッとして息苦しそうなら、ぜひ耳鼻咽喉科で処置を受けることをお勧めします。

しかし、発熱や咳(せき)が長く続いたり、胃腸症状を合併したりするときは、全身的な管理が必要となるかもしれません。その際は小児科の受診をお勧めしています。

中耳炎や副鼻腔(びくう)炎で薬を長期に使用するのは大丈夫?

マクロライド療法(少量の抗生物質を長く服用する方法)は、副鼻腔(びくう)炎や気管支拡張症に対して行われます。1カ月から3カ月くらい服用することもあるので、ご心配される方も多いようですが、これは科学的根拠が確認されています。ただし、鼻症状のない滲出(しんしゅつ)性中耳炎や3歳以下のお子様にはあまりよい影響を与えるとはいえません。

滲出(しんしゅつ)性中耳炎に対して、当院ではなるべく、最初から薬を使わない方針です。なかなか症状が治まらない患者様に対してのみ、徐々に薬を強めていくやり方です。

補聴器をしても雑音が響くだけで、買っても無駄になることが多いと聞きますが?

確かにそう感じられる方も多いかもしれません。それは、年齢変化による難聴は語音明瞭度(音の意味を理解する能力)が低下するためであって、補聴器では全て補えることはないからです。

まずは、診察時に補聴器のメリットと限界を説明し、そして本当に補聴器が必要な難聴レベル、生活スタイルであるかどうかを判断いたします。その上で適応ありとなれば、当院に予約を入れるか、近隣の補聴器専門店へ紹介する、という形をとっています。

購入後に大切なことは、ある程度の期間、継続して装着し補聴器の音に慣れることで、補聴器を通して聞こえる音の中から聴きたい音を拾う訓練をすることです。そして何度も微調整を繰り返しながら、なじませていく作業が必要です。

よくある質問を見る